戸建・アパートリフォーム及びハウスクリーニング専門

ハウスクリーニング/一般向け
浴室・トイレ

浴室(バスルーム)のクリーニング

湿気がこもりやすいため、浴室は家の中でも一番カビが発生しやすい場所です。また水垢など、あらゆる要因で不潔になってしまっている浴室をプロが綺麗にお掃除します。
オネストリファインでは住宅リフォーム工事も行っておりますので気軽にご相談ください。

バス浴室内の汚れの種類

パッと見た感じ汚れは少ないのに 「なんだかくさい臭いがして…」 そんな声もよく耳にします。

 浴室には、一見みえない部分に汚れが多いのです。排水溝周辺の汚れなど、石けんカス、皮脂老廃物の汚れが混じっています。 早く浴室クリーニングして、気分もリフレッシュしましょう。

湯あか・水アカ
風呂場の水アカの正体は、水道に含まれる溶性ケイ酸。湯アカは温かいうちならばスポンジ等で落とせますが、浴槽エプロンに隠された内部の日常の掃除はほぼ無理です。悪いことに乾いてしまうと汚れが層になり固着してしまい、今度は簡単な掃除では落とせなくなります。また風呂場の排水路の汚れは、腐敗した皮脂汚れや髪の毛などでヌルヌルしていて、バクテリアの繁殖を誘発し、悪臭の元となることもあるのです。ここは一番掃除に手をこまねいてしまう部位です。
石鹸カス・皮脂汚れ
風呂場で使う石鹸の配合成分の残留物と身体から出た皮脂汚れ。これが組み合わさると、非常に厄介な固着性の汚れに変化し、特にシャワーが当たる浴室の壁面、腰の位置より下の部分が石鹸カスなどで汚れるポイントです。一度固着してしまった汚れは、日々の掃除では落とせません。業務用洗剤で時間を掛けて溶かすか、ヘラなどで削らなくては落とすことが出来ません。早め早めの掃除しか手はありません。
カビ

近年の風呂場は高気密化の傾向があり、浴室の湿気の逃げ場があまり無く、浴室の壁面や天井、浴槽の隅などにカビが生えます。風呂場に生えるカビは空気と湿度と養分となる汚れ物質が揃うと、簡単に繁殖します。また、カビがもとで素材にシミが出来ることがあり、掃除をせずに長い時間そのままにしておくと変質を起こし、プロのクリーニングでも状況が改善しないことがあります。


浴室クリーニングの料金はこちら→

トイレのクリーニング

いつもマメに掃除していても、次第に汚れがこびりついてくる…。意外と死角も多いトイレ(便器)は、一度プロに任せてみませんか? 見違えるほどキレイになります。便器のフチの裏についた黒ズミから、頑固な黄ばみまで、カビなど汚れの種類に応じてプロの技術で根こそぎ徹底洗浄します!
意外とお掃除しにくいのが床。隅々まで徹底的に拭き上げて、ピカピカに。

トイレの汚れ・悪臭

いつもトイレをきれいにしているのに悪臭が止まらない、どう頑張って掃除してみても、ニオイが消えないという方、汚れや悪臭の原因はこういった部分によく見られます。
悪臭
便器と便座をつなぐボルト周辺を一度見てください。接点部分におしっこ等が染 み込んでしまい、接点部分臭いの元になることもあります。ここは一旦便座を外 し、お掃除するしかありません。分解ついでにボルトやナットを漂白剤に1時間程度浸け置きすると衛生的だと思います。
水アカ
水アカの正体は、水道に含まれる溶性ケイ酸。そのままにしておくと表面がザラザラに。一度固着してしまうと、家庭用洗剤でこする位では歯が立ちません。放っておくと輪染みの原因に。
尿石

お小水の中の尿酸、カルシュウム塩が固着すると、陶器表面に文字通り石のように定着してしまいます。サンドペーパーやトイレ用の軽石で削らなければ落ちません。見苦しい陶器の黄ばみはコレが原因。

カビ

近年の住宅は高気密化の傾向があり、常時水を使うトイレの湿気の逃げ場があまり無く、換気をしていてもトイレの壁面や天井、衛生陶器の裏側などにカビが生えることがあります。カビは空気と湿度と養分となる汚れ物質が揃うと、簡単に繁殖します。また、カビがもとで素材にシミが出来ることがあり、長い時間そのままにしておくと変質を起こし、クリーニングで改善しないことがあります。


トイレクリーニングの料金はこちら→